<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジムニーで車中泊

先日、ジムニーに簡易ベッドを作成している動画を見てしまい、自分も自作してみようかと模索。

初期型のJB23は座面を跳ね上げてシートバックを倒す方式で、荷室はフラットになりますが、
フロントシートとの間に、シートクッションが壁の様に残ってしまう構造。
これは荷室の荷物がフロント側へ飛んでこない様に遮断する意味があるのですが、
今回は邪魔なリヤシートクッションをまずは外します。
c0211226_11342669.jpg
ボルト2本だけで外れます。
c0211226_11344650.jpg
この状態で、フロントシートを倒して寝てみると、これだけでも結構いけそうです。
ちょうど外したリヤシートクッションをフロントクッションの上に置くと高さはちょうどフラット。
腰回りもクッションを置けばそのままいけそうです。
c0211226_11350384.jpg
ここで、昔極寒キャンプ用に一度だけ使ったインフレーターマットを引っ張り出しました。
結構な厚みと大きさもある為、寝心地は最高なのですが、キャンプツーにはチョット大きかったのでお蔵入りしていたのです。
c0211226_11352306.jpg
確かWILD1で極寒キャンプ用として売っていたものです。
久しぶりなのでお日様に当ててインフレーター再生。やっぱりデカい!!
c0211226_11354198.jpg
が、ジムニーに突っ込むと完璧専用品の様にフラットベッドが完成しました\(^o^)/
c0211226_11360114.jpg
念願の車中泊ベッド完成です。
試寝しましたが、183cmの自分でも完全に足を延ばしてまだ余裕がありました。
手持ちの道具の組み合わせとリヤシートクッションを外しただけで、こんなに簡単に出来るとは思いませんでした。
あとは、ルーフレールを使ってタープが簡単に設置出来れば完璧だな~

これは来週あたり、車中泊キャンプ実行かな~
テント撤収の煩わしさも無いし、荷物も一杯詰めるしね。

GSがまたまた遠ざかって行く・・

[PR]
by toratora-torasan | 2017-02-12 12:11 | JIMNY | Comments(4)

火吹き棒 ファイヤーブラスター

寒くなって、キャンプから遠ざかっています。
他人の冬キャンプを動画で見て楽しんでいる程度。
そんな中、最近よく見かけるのが「火吹き棒」
薪や炭に直接空気を送り込む棒なのですが、結構良さそうです。

しかし、アマゾンなどで買うと3~4000円はする品物。高っ!
って訳で、ネット等を参考に自作してみる事にしました。
ネット自作サイトはステンの棒をカットしたり、自撮棒をつかったり、様々ですが、一番簡単そうで伸縮できるニトリの孫の手を使った方法を真似してみました。
c0211226_11142540.jpg
費用は¥410也
c0211226_11144650.jpg
サイズ感はこんな感じです。
まずは、先端の引っ掻く部分を取り除きます。
バーナーで軽くあぶると、すぐにボロッと外れます。

c0211226_11150653.jpg

c0211226_11153399.jpg
先端の部分が汚くなりましたが、気にしません。火に投入する部分なので一度使えば、直ぐにこうなってしまうでしょうしね。
この先端部分は接着剤で再固定しておきました。

c0211226_11155857.jpg
あとは、グリップ部分をハサミでカット。口を付ける部分なのでグリップ部分はのしました。

c0211226_11161978.jpg
5分もあれば完成、超簡単です。
c0211226_11163976.jpg
一応、いつも持っていくハーフのCB缶と並べて、サイズ感の確認。
荷物にならず、これなら良いかもしれない。

満足満足(^^)
使ってみたいけど、実践投入はいつになる事やら・・・


[PR]
by toratora-torasan | 2017-02-05 11:40 | アウトドア | Comments(2)